インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2008.04.12 Saturday インプラン トセルフケア用品
現在、某メーカーからの依頼により、インプラント治療におけるセルフケア用品の開発に、 当院の歯科衛生士とともに協力している。

インプラント治療は、最長で50年近い臨床例があり、現在、インプラント治療の寿命は、ほぼ、人の寿命と同じと考えて良いとのコンセンサスが得られようと している。つまり、インプラント単体で考えた時に、インプラントの耐久性はほぼ一生だということである。

しかし実際は、人の寿命にも差があるように、インプラントの寿命にも差があり、それを左右するのも、人の寿命を左右するのと同様、疾患とアクシデントであ る。

アクシデントは別として、疾患は予防することが出来ることが多い。

特に、インプラントに起きる疾患、「インプラント周囲炎」を防ぐには、歯と同じく、歯ブラシが重要である。

インプラントの場合、その構造上、歯と歯グキの境目あたりがくびれていることが、通常の歯ブラシと違い気をつける点である。

このあたりの、汚れを丁寧に落とすことが、インプラント治療後の歯ブラシのポイントである。それには、通常の歯ブラシ以外に、(インプラント用)歯間ブラ シやタフトブラシ(小さな毛束だけの歯ブラシ)などを私は推奨している。

また、患者さん自身が簡単にセルフケアできるような構造にすることも重要であると思える。インプラントにかぶせる冠のつなぎ目は、歯グキの境目にくるの で、この精度と素材は非常に重要である。

一般的に細菌の大きさは0.1μ〜3μ程度の大きさであるので、つなぎ目の精度は肉眼的に合っている程度では、細菌にとっては良い棲み処となってしまうこ とがある。隙間は限りなく少なく、理想を言えば0μであることが望ましいが、インプラントに冠をセメントでつける方式では、セメント分の浮き上がりを考慮 して30μ程度隙間を故意にあける。セメントは溶けたり、また、余分にはみ出て残ったりするので、最も重要な場所(歯グキの境目)が最も汚れてしまうとい うことになる。

そのような、欠点をカバーするのがネジ式の留め方である。私は基本的に横からのネジ止め(舌側サイドスクリュー方式)を用いているが、このネジ止めは技術 的に高度の技術を要するため、製作出来る技工士が極めて少ない。セメントによる誤魔化しが出来ないので、寸分の誤差も許されず、神業ともいえる高度な技術 が必要となる。

但し、超精密な冠を作って、ネジ止めにしたとしても、汚れが付きにくいだけであって、汚れが付かないわけではない。

僅かにでも付いてくる汚れを、患者さん自身が毎日キチンとお手入れする必要性はある。

そのような意味からも、インプラント治療後のセルフケアは非常に重要で、インプラント治療の成否や寿命に大きく関与するといっても過言ではない。また、そ のグッズを上手に使いこなせるように、トレーニングすることも同じく重要で、その道のプロフェッショナルである歯科衛生士の存在も非常に重要である。

是非、優れたセルフケア用品を、当院の衛生士と共に提案していきたいと考えている。


イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.