インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2008.06.21 Saturday アラフォー (アラウンド40)
「先生、アラフォーですね」と”アラサー”の美人歯科医師に言われ、初めてそのような言 葉があるのを知った。40歳前後の人たちをこう呼ぶそうだが、今朝 のテレビ番組で、アラフォーは子育ても一段落し、仕事も充実し始める、人生の中で最も輝いている(こう言っていたかの記憶は定かではなく、願望からかもし れない ^_^; )お年頃らしい。

時代の流行は、人口(構成)比率で動く。戦後のベビーブーマー達の団塊の世代はご存知の通りだが、その子供達の世代が我々だ。

80年代後半のバブルも団塊の世代と我々が主役だった。
バブルついでに、ネットバブルも主役は、我々の世代であった。

もちろん、成功や煌びやかな社会現象は話題性もあり、大きく注目を集めることであるが、その影も多いことを忘れてはならない。

振り返ってみると、人生と社会の浮き沈みを、身をもって体験してきた40年間であったような気がする。表も裏も、酸いも甘きも様々な経験がめまぐるしく私 達の周りで流転し、さながらアドベンチャーワールドのようであった。振り返れば、人間は遺伝的な能力もさることながら、経験によるところが大きいことが言 える。脳や身体能力は明らかに、20代前半までが最高潮であるが、当時の自分を思い出しても、今とは社会的貢献能力は雲泥の差がある。当然といえば当然で あるが、身をもって体験すると、「優れた人間が高い社会貢献を行うことが常ではない」ことが年々確信できるようになってきた。

正に、人間は環境の生き物である・・・ということであろう。

最近、インプラントや包括的歯科治療(口全体のリフォーム)のクライアントに、アラフォーが、特に女性のアラフォーが多いのは今朝のテレビのコメントで理 解できた。公私共にダイナミックな人生を生き抜き、時間と心にゆとりの出来た方々が、次のステージに向けての準備なんだなぁ・・・と理解した。

『食』は全てに通ず。

食することは栄養補給だけではない。噛むことは顔面の表情筋を活発に動かすことになり、表現豊かな顔貌を形成する。また、食事はコミュニケーションにおけ る強力なツールでもある。更に、口元はその人の品格を表す。カジュアルからフォーマルな社会に進出しようと考える人間であれば、当然の発想として、対人的 なイメージを考え目的にあった装備をするものである。

「生活も落ち着き、ここからもう一花咲かせます!」とは、番組中での女性のコメントである。

私たち男性もうかうかしていられない。


イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.